メインコンテンツまでスキップ

⚡️ 導入

クイックセットアップ

.zshrc ファイルに以下のコードを追加します。

~/.zshrc
source <(curl -sL git.io/zi-loader); zzinit

Reload shell with exec zsh and run zi -h for usage information.

自動セットアップ

tip
  • ファイル: lib/sh/install.sh の sha256checksumを検証します
  • 必要であれば -b <tag> または -b <branch> を追加してください。 以下のように:
sh -c "$(curl -fsSL git.io/get-zi)" -- -i skip -b main

最小構成で.zshrcに設定するには:

sh -c "$(curl -fsSL git.io/get-zi)" --

マニュアルセットアップ

インストール先を設定し、ディレクトリを作成します。

typeset -Ag ZI
typeset -gx ZI[HOME_DIR]="${HOME}/.zi" ZI[BIN_DIR]="${ZI[HOME_DIR]}/bin"
command mkdir -p "$ZI[BIN_DIR]"

セキュリティ上の理由から、関数 compaudit を実行して、 補完システムroot または現在の ユーザーが所有するファイルであるか、もしくは、ファイルが全ユーザーグループ内のユーザーが書き込み可能であるかをチェックします。

失敗した場合は、現在のユーザーをディレクトリのオーナーに設定し、グループ/その他の書き込み権限を削除して、リポジトリを複製します。

compaudit | xargs chown -R "$(whoami)" "$ZI[HOME_DIR]"
compaudit | xargs chmod -R go-w "$ZI[HOME_DIR]"
command git clone https://github.com/z-shell/zi.git "$ZI[BIN_DIR]"

Zi を有効にするには、先に設定したディレクトリから zi.zsh をソースとして、 .zshrc ファイルに以下のスニペットを配置します。

~/.zshrc
typeset -A ZI
ZI[BIN_DIR]="${HOME}/.zi/bin"
source "${ZI[BIN_DIR]}/zi.zsh"
警告

The two lines below must be placed after the lines above, i.e. after enabling Zi.

以下でZi補完を有効にします:

~/.zshrc
autoload -Uz _zi
(( ${+_comps} )) && _comps[zi]=_zi

Post-install

新しくインストールした後は、 exec zsh でシェルをリロードし、 zi self-update で Zi をコンパイルすることをお勧めします。 zi -h を実行することで、利用可能な全コマンドを確認できます。 Increase Zi functionality, and performance, or get started by exploring the wiki.

何か問題があったり、助けが必要な場合は どの言語でも🤦‍♂️それについて話し合うかissueを作成してください。

Zi の改善に役立ちます。 どうか、シェア、貢献、または 翻訳 🌐で私たちに協力してください 🥰 🤓.

Let's glue everything together to create a toolchain that works for us 🚀.

アイデアがありますか?

 playgroundで提案・リクエストできます

sh -c "$(curl -fsSL git.io/get-zi)" -- -a ???

 Need warm-up?

 Docker Alpine

docker run --rm -it ghcr.io/z-shell/zd:latest

DockerでのTurbo Zi

If you create a Docker image that uses Zi, install Turbo-loaded plugins before the shell starts interactively, with the @zi-scheduler function in such a way, that it:

  • Install plugins without waiting for the prompt (i.e. it's script friendly).
  • Install all plugins instantly, without respecting the wait argument.

To accomplish this, use burst argument and call the @zi-scheduler function:

RUN zsh -i -c -- '@zi-scheduler burst || true'

Zi Module: zpmod

info

Usage:

zi module {build|info|help} [options]
zi module build [--clean]
zi module info [--link]
  • To start using the Zi Zsh module run: zi module build. Append --clean to run make distclean.
  • To display the instructions on loading the module, run: zi module info.
  • To enable debug messages from the module set:
typeset -g ZI_MOD_DEBUG=1

ステータスページ

インストーラー

ServiceURL
Redirecthttps://get.zshell.dev
IPFShttps://ipfs.zshell.dev/sh/install.sh
Directhttps://raw.githubusercontent.com/z-shell/zi-src/main/lib/sh/install.sh

ローダー

ServiceURL
Redirecthttps://init.zshell.dev
IPFShttps://ipfs.zshell.dev/zsh/init.zsh
Directhttps://raw.githubusercontent.com/z-shell/zi-src/main/lib/zsh/init.zsh